痛風歴約6年。

体型は肥満傾向で、過去に数度痛風発作を体験しています。

激痛を感じた時は、右足の親指の付け根あたりが腫れ上がり、引
きちぎれるほどの痛みを感じていました。

もう二度とあの地獄のようなつらい苦しみには再開したくない。

痛風の激痛を体感したのは1回きりです。
しかしながら、1年に1回のペースで足の親指の付け根がピリピリ
くる発作は起こっております。

ピリピリ来たら、内科に足を運び血液検査の結果で、痛み止め、
コルヒチン、ザイロリックが2週間から1ヶ月分処方されます。

コルヒチンとザイロリックを服用することで、痛風と再開するこ
とがないために、なんとか生き抜くことができています。

しかしこれから先のことを考えた時に、毎回のように発作が起こ
ったら、病院に足を運び、血液検査や医師の指導、薬の処方を受
けることを繰り返すにも、金銭的な問題が出てきます。

  • 病院に行くまでのガソリン代金
  • 血液検査代金
  • 医師の診察代金
  • 薬代金

金銭的に余裕があれば、病院の医師の支持に従うことが安心で痛
風の予防にもなります。

そこら辺は私もじゅうじゅう理解していますが、やはり、これか
ら先の金銭的なことを考えると、できるだけ安くすませたいとい
う気持ちが強くなりました。

そこで痛風の薬を病院からインターネット通販で購入することに
しています。

コルヒチン詳細・購入について>>
ザイロリック詳細・購入について>>

 
通販でコルヒチンやザイロリックを購入することに関して、最初
はかなり抵抗がありました。

「価格が安いという安易な気持ちだけで、病院から通販で医薬品
を買うことはいいことなのか?」

アマゾンで本を買ったり、するのとは訳が違う、海外の医薬品を
購入するというのはかなり度胸が必要。

かなり迷いがありましたが、ネットサーフィンをしている時に、
私と同じような悩みを抱えている人が、通販(個人輸入代行サイ
ト)で薬を購入し痛風の効果が期待できることをコメント欄に残
していました。

「コメント欄は信用できるの?」

確かに、最近の通販ショップの口コミやコメント欄は、あまり信
用はできません。

通販ショップとグルになって、明らかに誘惑させるようなコメン
トを拝見することもあります。

ただ、私の意見なんですが、アマゾンとか、他の大手の通販ショ
ップのコメントを見ると、信用性の高いコメントを残している人
もいます。

で、私が痛風の薬であるザイロリックを通販で初めて購入したの
がオオサカ堂という個人輸入代行サイトのお店です。

正直なところ、個人輸入代行サイトを見ると信用性は薄いと思い
ます。

なんというか、医薬品をインターネットで販売していると言うだ
けで、怪しいとは思います。

その段階で何かしら頭には引っかかっている部分があるのですが。

しかしながら、このオオサカ堂を調べてみると、約20年以上も長
く運営しているそうです。

それから、私がオオサカ堂で購入してみようと思ったのが、ザイ
ロリックなどを実際に購入した人たちのコメント欄です。

なんといいますか、今までのパターンだったら、コメント欄に
「効果ありました!」
「痛風が治りました!!」
「病院なんて行く必要がない!!!」

など、良いことばかりが書かれているケースが多いと思います。

しかしながら、たしかに薬を服用してよかったことが書かれてい
ますが、それとは逆に使わないほうが良かった的なことも書かれ
ています。

病院から処方される薬でも、効き目があるというわけではないと
思います。

たとえ作用が現れたとしても、他の臓器に作用が起こり副作用に
つながってしまうこと考えられます。

つまり、何をいいたいかというと、極めて本物の痛風の薬「ザイ
ロリック、コルヒチン」が販売されている判断をしました。

そのために、購入に踏み切りました。

もし、インターネットの通販で痛風の薬を買おうと思うけど、
「本当に本物を購入できるのか?というか偽物じゃないのか?」
と頭に引っかかっている部分があるなら、コメント欄を見てみる
のも1つの手段ではないかと思います。

コルヒチン詳細・購入について>>
ザイロリック詳細・購入について>>

 

尿酸値コントロールする薬

たとえザイロリックなど尿酸値を下げてくれる薬があるからと言
って、痛風発作や激痛を抑えられるからと言って安心をしてはい
けません。

やはりザイロリックの薬を使わないような生活環境を整えること
がまず重要になります。

まず痛風発作などが起こる原因としては、尿酸値が上昇すること
が原因ですが、そもそもなぜ数値が上がってしまうのでしょう
か?

基本的なことですが、この部分から少しづつ説明をしていきたい
と思います。

一般的に尿戦地が上昇する原因としては食生活が大きく関係して
きます。

  • プリン体を多く含む食品を食べ過ぎ
  • アルコールを飲みすぎる

尿酸のもととなるプリン体は、細胞の新陳代謝や円ルギー代謝で
造られる他、食品にも含まれています。

そのために、プリン体を多く含まれている食品を過剰に体内に吸
収すれば、当然んおように尿酸値が高くなります。

ただし、年齢が20代だったり、食後にある程度の運動を行ってい
たら、そこまで尿酸値が上がることはありません。

年齢が高くなり、その段階でプリン体の多い食事を毎日のように
過剰に取ることで、臓器が対応できなくなり尿酸値が高くなりま
す。

食事ではレバーや魚の干物など、プリン体を多く含む食品に注意
が必要です。

そして何よりバランスの取れた食事が大切なのですが、なかなか
維持ができないことで尿酸値のズレが起こります。

それからプリン体以上に関係してくるのが果糖です。果糖は分解
される過程で尿酸を増やす作用があります。

アルコール類には尿酸の酸性を高める作用があり、アルコールが
肝臓で代謝されるプロセスで、疲労物質である尿酸が造られます。
疲労物質である尿酸が、排泄を防げる作用があるのです。

体を動かすことは尿酸値の維持や健康面を考えても必要なことで
す。しかしながら、過剰に体を動かすことは尿酸値に悪い影響を
与えてしまいます。

激しい運動にも種類は様々ですが、特に短距離走や筋力トレーニ
ングなどの無酸素運動で、ATPの補助がうまくいかずに尿酸値が
上がってしまい、大量の尿酸を産生して尿さんお排泄を防いでし
まい、これが影響することで尿酸値を上げてしまう恐れがありま
す。

キサンチンオキシダーゼを抑制するザイロリックの有効成分アロプリノール

体内に過剰な尿酸が貯まることで、高尿酸血症が起こります。

これが痛風発作の引き金となり、発作や激痛が起こります。

痛風発作の特徴としては、ある火突然起こることもあります。

一般的に痛風イコール激痛をイメージする人も多いかと思います
が、それだけでなく、赤く腫れて、ピリピリ症状を感じ、少しの
痛みを感じ、病院に通院をして初めて痛風を知る人もいます。

痛風は尿酸値が高いから必ず痛みが起こるわけではありません。
確率は高いのですが、100%というわけではありません。

体内の尿酸が平均の数値である7.0mg/dLを超えることで飽和状態
になり、尿酸塩となります。

尿酸塩から主に関節内で起こることで、ここから痛みに変わりま
す。

尿酸塩は、私たちの体にとっては異物

しかしながら、プリン体から尿酸が作られる過程で酵素が関わっ
てきます。

この時、プリン体から尿酸の産生に関わるキサンチンオキシダー
ゼ(XO)という酵素が集まることで、尿酸値を取り込みます

キサンチンオキシダーゼがどんどん増えることで、炎症物質を放
出され尿酸結晶ができ、痛風が発症につながってしまいます。

それならば、痛風の元となる尿酸の合成を阻害してやれば痛風に
はならない。

つまり、酵素であるキサンチンオキシダーゼを抑えれば、尿酸血
症ができずに尿酸値を下げることができます。

そこで酵素を抑制してくれるのがザイロリックになります。

ザイロリックは尿酸が作られるのを抑える薬です。

ザイロリックの有効成分であるアロプリノールを吸収することで、
キサンチンオキシダーゼに作用するとき、酸化されてアロキサン
チンと呼ばれる尿酸を酸化して得られる物質に変わります。

アロキサンチンは、アロプリノールと同様にキサンチンオキシ
ダーゼを抑制する作用があります。

つまりダブルパンチの作用が期待できるというわけなんですね。

痛風の尿酸酸性過剰型の薬であるザイロリックが30年以上にわた
り病院などで処方されているのは、やはり効き目が高いからです。

最近になり、フェブキソスタット、トピロキソスタットと新タイ
プの有効成分が処方されています。

しかしながら、信用性や歴史の長いアロプリノールを処方する医
師もまだまだいます。

このアロキサンチン自体もキサンチンオキシダーゼを阻害する作
用をもつ。つまり、アロプリノールはそれ自身とその代謝物によ
って、キサンチンオキシダーゼを二重に阻害する。

コルヒチン詳細・購入について>>
ザイロリック詳細・購入について>>

 

ザイロリックの使い方

はじめは少量の服用からスタートして、経過を見ながら容量を増
やしていきます。

3~6ヶ月で容量を調節し、尿酸目標値である6.0mg/dlまでさげま
す。

尿酸値を良好にコントロールできると、次第に痛風発作が起きる
回数が減り、その内に起こらなくなります。

ただし、いずれの薬にも重い副作用があることを忘れてはいけま
せん。