WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !好きなものをたくさん食べている時は本当に嬉しいことだとは思うのですが、食べすぎることで後からつらいことになってしまいます。

年齢が若い頃だったら問題はないのですが、30代や40代になると、どうしても体内がついていけなくなり、後からつらいようなことになってしまいます。

一昔まではあまり認知度がありませんでしたが、最近ではテレビや雑誌、インターネットの健康関連情報でよく耳にする「メタボ」は痛風と密接に関係してきます。

このメタボは内臓のまわりにべっとりと付着する脂肪のことをいいます。

脂肪が付着するだけなら問題はありませんが、内臓脂肪が原因で負の遺産となってしまいます。

メタボは高血圧、糖尿病、脂質異常症などを2つ以上持っている状態をいいます。

厚生労働省の統計によると40歳未満におけるメタボとその予備軍は約200万人いると言われ、単純に食べ過ぎというわけではありませんが、食べた後のケアがままならないために起こってしまいます。

つまり、脂肪がつきやすい肉などを食べることは問題ありませんが、その後に運動などを心がけていないことで、脂肪が付着し、メタボが起こってしまうわけです。

内臓脂肪は女性ホルモンの関係で女性よりも男性の方が溜まりやすいです。

メタボが厄介なのは内臓脂肪による肥満以外にもほとんど自覚症状が現れないことです。

メタボ検診で指摘されても、ただ単純にお腹が出ていたくも痒くもないと思い、医師から指導を受けても、とりあえずは一時的に食事管理や軽い運動を行う患者もいます。

しかし、1週間や2週間をすぎると、食事の量が増えるために、内臓脂肪がどんどん増えてしまいます。

内臓脂肪が増加することで尿酸値を上昇することもわかっています。

例えば、内臓脂肪が増えると、肝臓で作られる中性脂肪の両画像化し、これが血液中に送り出され、高中性脂肪血症などに関係してしまい、コレステロール血症と言った脂質異常症を引き起こしてしまいます。

糖尿病などの一つ一つはそれほど重くなくても、複数が重なり合うと、動脈興亜を急速に進行させてしまい、結果として最終的に脳梗塞や脳出血、狭心症、心筋梗塞になる危険性もあります。

血液検査による健康診断で、数値が高いということはわかりますが、このような大きな病気になりそうということはわかっても、実際にならないと予防や改善を意識して行わない人が多いのも事実です。

何かが起こる前に、少しづづでもいいので食事管理や運動を心がけることが重要になります。