何かが起こってから行動をするという人もいます。つまり、痛風の発作が始まってからコルヒチンやザイロリックを服用し尿酸値を下げるという方法を取る人がいます。

たしかに、このような考えで、痛風特有の痛みを感じなければ、それはそれでいいと私は思います。

しかし、一度でもあの激痛を感じるもう二度とあの苦しみを味わいたくはないと思います。

それから、コルヒチンやザイロリックを服用することで、痛風を防ぐことになるのかもしれませんが、効果とは別に他の臓器に対する負担がかかる可能性も十分んいあります。

そのために、最前線として、毎日のように尿酸値が高まらないような工夫をしておくことが重要になります。

仕事が忙しい時期など、わざわざ時間を作って運動するのは難しいという場合もあると思います。

だからといって、運動を諦める必要もないはずで、毎日活動して、本当に必要なことをどのようにしたらいいのかを考えておくのかが重要になるはずです。

ただし、毎日のように意識して体を動かすのも大変ですので、たとえば、エスカレーターやエレベータを止めて階段を使う、それから人駅手前で電車を降りて歩く、買い物はこれまでよりも遠くのコンビニへ、など少しだけなんですが、体を動かす癖をつけるだけでもぜんぜん違うと思います。

それから、できることなら、体を動かす時は、継続的に動かし続けることが重要になります。
一時的に動かしても、すぐに休ませると、燃焼作用はあまり期待できません。

たとえば、ウォーキングなどを例に取ると、20~30分程をあるき続けることで、燃焼作用があり、血液循環などにもつながります。

このような細かなことを意識して、毎日のように続けることで、尿酸値にもつながるために、意識しておくことが大切になるかと思います。

今までだったら、楽をしようとしていた部分があったのではないでしょうか?

そのようなことをすると、どうしても体内の血液の循環もあまり夜即ないために、これが尿酸を高める原因の一つになりかねません。

ほんの少しの工夫次第で変わるはずなので、まずは焦らずに、少しづつでもいいので、自分にとって大切なことを行っていくことが重要になるかと思います。