私が痛風の痛みを感じたのが足の親指の付け根です。あの痛みだけは忘れられません。忘れると、また同じようなことを繰り返してしまいそうです。

しかしながら、この痛みに悩まされないようにするために、ザイロリックなどの痛風の薬が必要不可欠となります。私の根本的な考えとしては、できることなら薬は使わないようにはしています。

これは副作用が起こりうるからですが、ただし、その前に尿酸値が上がってしまうと、痛風発作や痛みが起こってしまうために、やはりザイロリックなどの力が必要不可欠になるわけなんですね。

ザイロリックを使わないことで、尿酸値が高まり、親指の付け根に極度の痛みを感じてしまいます。

足に発作が起きやすいのはなぜなのか?
足の親指の付け根は日々体の重みが掛かり、関節の組織がいたみやすくなるからであり、このような部位は尿酸んお塊ができやすいことが原因ということがわかっています。

足は体の末梢に当たるために、血流が悪く、体温が低くなりやすいとされています。

この血流に関係することで、尿酸は温度が低いと固まりやすいこともわかっています。

痛風発作のもう一つの特徴は発作を起こす原則が一か所の関節に限られています。

そして、関節リウマチは、幾つかの関節が同時に痛む多関節で、あり、膝や肘などの大きな関節に痛風発作が起こるようになります。

それから慢性関節リウマチや痛風などに関係してきます。
関節や筋肉の痛みを生じたときに行われることわかっています。

とくに、足の親指の付け根が70~90%の確率で起こりやすいことがわかっていますが、なによりも痛風が起こらないように、尿酸値を高めないように日々の努力が重要になるかと思います。